丸石製薬株式会社

このウェブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

  • このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

あなたは医療関係者ですか?

医療関係者向情報サイト 製品情報 注射用カタクロット®20mg・40mg

  • クリックすると大きな画像が開きます

    2019年3月包装変更後のバイアルです。

  • クリックすると大きな画像が開きます

    2019年3月包装変更後の個装箱です。

  • クリックすると大きな画像が開きます

    2019年3月包装変更前のバイアルです。

発売開始2018年12月
販売中止2023年11月頃
経過措置期間満了日2025年3月31日(予定)
日本薬局方/規制区分日本薬局方処方箋医薬品
電子添文PDFが開きます
インタビューフォームPDFが開きます
くすりのしおり
  • 日本薬局方
  • 劇薬
  • 毒薬
  • 向精神薬
  • 習慣性医薬品
  • 処方箋医薬品
  • 後発品
  • 基礎的医薬品
  • 第2類医薬品(指定第2類医薬品の取扱いはありません)
  • 第3類医薬品

各種コード

容量
容量 20mgX10V(販売中止予定)
薬価基準収載医薬品コード 個別医薬品(YJ)コード レセプト電算処理コード
薬価基準収載医薬品コード 3999411D1056 個別医薬品(YJ)コード 3999411D1056 レセプト電算処理コード

銘柄別 640463085

統一名 000000000

HOT番号 JANコード 統一商品コード
HOT番号 1150148020101 JANコード 4987211353117 統一商品コード 211-353117
GS-1コード
調剤包装単位コード 販売包装単位コード 元梱包装単位コード
GS-1コード 調剤包装単位コード (01)04987211453114 販売包装単位コード (01)14987211353114 元梱包装単位コード (01)24987211353111

お知らせ文書NEWS

よくあるご質問FAQ

血管外漏出時の対処法は?

本剤に特有の対処法はありません。注射剤が血管外漏出した際は、患部を冷やす(冷罨法)などの一般的な対処法と同様の処置をお願いします1)。

一般的な対処法の例2)
1.点滴を中止し、薬液を吸引する。(薬液が明らかに溜まっている場合)
2.漏出数時間後:患部の冷却
3.消炎鎮痛作用のある外用薬(湿布、軟膏等)、ステロイド外用薬の使用

参考資料
1)葛西英子:日本看護技術学会誌 2014;13(3):230-6.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnas/13/3/13_230/_pdf/-char/ja
2)診断と治療 1999;87(増刊号):289.

(脳血栓症での使用)間欠投与「1回2時間かけて朝夕1日2回投与」の理由について教えてください。

脳血栓症の場合は発症早期からリハビリテーションを開始されることを考慮し、薬剤投与による患者さんの拘束時間を短くするため、24時間の持続投与ではなく2時間投与で有効性、安全性を検討し承認を取得しました。
本剤80mgを2時間かけて投与したとき、投与終了から約9時間後まで作用が持続するため、1日2回の投与でほぼ1日の作用持続が可能と考えられます。

参考資料
目時 弘文 他:薬理と治療 1991;19(2):547-555,【CAT08Z0015A】

輸液量を減らして使用できますか?

輸液量を減らして使用することは可能ですが、高濃度になると出血性の副作用が発現しやすくなる可能性がありますので投与時間は短縮しないようご注意ください(脳血栓症でご使用の場合は2時間、クモ膜下出血術後のご使用の場合は24時間かけて投与してください)。

参考資料
添付文書 【用法・用量】

手術する際にどのくらい前から休薬すればいいですか?

24時間前から休薬するのが望ましいと考えられます。
本剤80mgを2時間かけて投与したときの作用は、投与終了後から約9時間持続し、22時間後にはほぼ消失します。また、投与終了後24時間までにほとんどが尿中に排泄されますので、24時間前に休薬してください。

参考文献
[1]目時 弘文 他:薬理と治療 1991;19(2):547-555.【CAT0910045】
[2]福島 雅夫 他:薬理と治療 1986;14(3):1373-1403.【CAT0860070】

配合変化表はありますか?

ございます。こちらPDFが開きますからダウンロードしていただけます。

お役立ちツールUSEFUL TOOL

各コンテンツ(動画・PDF等)は、ご自由にダウンロードしてお使いください。
なお、編集・改変等はご遠慮ください。(一部ポスターは除く)