丸石製薬株式会社

このウェブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

  • このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

あなたは医療関係者ですか?

医療関係者向情報サイト 製品情報 プレポダインフィールド1% 500mL

発売開始2008年6月
日本薬局方/規制区分基礎的医薬品
電子添文PDFが開きます
インタビューフォームPDFが開きます
くすりのしおり
  • 日本薬局方
  • 劇薬
  • 毒薬
  • 向精神薬
  • 習慣性医薬品
  • 処方箋医薬品
  • 後発品
  • 基礎的医薬品
  • 第2類医薬品(指定第2類医薬品の取扱いはありません)
  • 第3類医薬品

各種コード

容量
容量 500mL
薬価基準収載医薬品コード 個別医薬品(YJ)コード レセプト電算処理コード
薬価基準収載医薬品コード 2612706Q3035 個別医薬品(YJ)コード 2612706Q3035 レセプト電算処理コード

銘柄別 620007768

統一名 000000000

HOT番号 JANコード 統一商品コード
HOT番号 1057447020202 JANコード 4987211570231 統一商品コード 211-570231
GS-1コード
調剤包装単位コード 販売包装単位コード 元梱包装単位コード
GS-1コード 調剤包装単位コード (01)04987211670238 販売包装単位コード (01)14987211570238 元梱包装単位コード (01)24987211570235

お知らせ文書NEWS

よくあるご質問FAQ

変更調剤は可能ですか?

基礎的医薬品であって、それらが基礎的医薬品に指定される以前に変更調剤が認められていたもの(「診療報酬における加算等の算定対象となる後発医薬品」等)については、従来と同様に変更調剤を行うことが可能とされています。
本剤はこちらに該当しますが、、効能効果が「手術部位(手術野)の皮膚の消毒」のため、調剤されることはなく、対象外です。

 

参考資料
厚生労働省保険局医療課 事務連絡 疑義解釈資料 平成30年5月25日

(https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000208562.pdf#page=8新しいタブでページが開きます)

適用上の注意に「電気的絶縁性を持っているので、電気メスを使用する場合には、本剤が対極板と皮膚の間に入らないように注意すること」と記載されている理由は何ですか?

類似薬であるポビドンヨード液を皮膚消毒に使用し、ポビドンヨード液が皮膚に接着した対極板の間隔に侵入し乾燥したために、対極板の表面の大部分に電気的絶縁性を持つ皮膜を作り、一部の皮膜を作らなかった部分だけに電流が回り、熱傷が発生した報告があるためです。

 

プレポダインにはソリューション、スクラブ、フィールドの3製剤がありますが、その違いは?

製剤の特徴と効能・効果を次に示します。

プレポダインソリューション1% プレポダインスクラブ0.75% プレポダインフィールド1%
特徴 ヨウ素をキャリアで水に溶かした基本的製剤 手指・皮膚の洗浄を同時に行えるよう
界面活性剤を添加した製剤
速やかな殺菌効果を得るために
イソプロパノール(64vol%)を添加した製剤
効能・効果 手術部位(手術野)の皮膚の消毒、
手術部位(手術野)の粘膜の消毒、
皮膚・粘膜の創傷部位の消毒、
熱傷皮膚面の消毒
手指・皮膚の消毒、
手術部位(手術野)の皮膚の消毒
手術部位(手術野)の皮膚の消毒
横にスクロールできます

 

ポビドンヨードやプレポダイン塗布後は、ハイポエタノール液2%「ニッコー」やハイポアルコール「マルイシ」で直ぐにふき取った方がよいのですか?

ハイポアルコールで拭き取ると、ヨウ素とチオ硫酸ナトリウムが反応して色と共に有効ヨウ素の殺菌効果が消失してしまうため、短時間では塗布しないことと記載されています。1)
また、消毒薬が十分な効果を示すまで2-3分間は反応時間をおくことが必要である、ポビドンヨードは拭き取ったのでは殺菌効果がなくなるので、拭き取ることは理論的にも不適切である、との記載もあります。2)

参考資料
1)国公立大学付属病院感染対策協議会:病院感染対策ガイドライン 2018版.じほう, 2018,156-68
2)日本手術医学会 : 手術医療の実践ガイドライン 改訂第三版,日本手術医学会誌,2019,S82-S95

お役立ちツールUSEFUL TOOL

各コンテンツ(動画・PDF等)は、ご自由にダウンロードしてお使いください。
なお、編集・改変等はご遠慮ください。(一部ポスターは除く)