丸石製薬株式会社

このウェブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

  • このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

あなたは医療関係者ですか?

医療関係者向情報サイト 製品情報 K.C.L®点滴液15% 20mLX10管

  • クリックすると大きな画像が開きます

  • クリックすると大きな画像が開きます

  • クリックすると大きな画像が開きます

  • クリックすると大きな画像が開きます

    資材変更後の個装箱(天面)です。初回開始ロットは9X101です。

  • クリックすると大きな画像が開きます

    資材変更後の個装箱(側面)です。初回開始ロットは9X101です。

  • クリックすると大きな画像が開きます

  • クリックすると大きな画像が開きます

  • クリックすると大きな画像が開きます

  • クリックすると大きな画像が開きます

    資材変更前の個装箱です。

発売開始2005年7月
日本薬局方/規制区分処方箋医薬品基礎的医薬品
電子添文PDFが開きます
  • 日本薬局方
  • 劇薬
  • 毒薬
  • 向精神薬
  • 習慣性医薬品
  • 処方箋医薬品
  • 後発品
  • 基礎的医薬品
  • 第2類医薬品(指定第2類医薬品の取扱いはありません)
  • 第3類医薬品

各種コード

容量
容量 20mLX10管
薬価基準収載医薬品コード 個別医薬品(YJ)コード レセプト電算処理コード
薬価基準収載医薬品コード 3229400A1032 個別医薬品(YJ)コード 3229400A1032 レセプト電算処理コード

銘柄別 620002577

統一名 000000000

HOT番号 JANコード 統一商品コード
HOT番号 1073331010102 JANコード 4987211305529 統一商品コード 211-305529
GS-1コード
調剤包装単位コード 販売包装単位コード 元梱包装単位コード
GS-1コード 調剤包装単位コード (01)04987211405526 販売包装単位コード (01)14987211305526 元梱包装単位コード (01)24987211305523

お知らせ文書NEWS

よくあるご質問FAQ

血管外漏出時の対処法は?

本剤に特有の対処法はありません。注射剤が血管外漏出した際は、患部を冷やす(冷罨法)などの一般的な対処法と同様の処置をお願いします1)。

一般的な対処法の例2)
1.点滴を中止し、薬液を吸引する。(薬液が明らかに溜まっている場合)
2.漏出数時間後:患部の冷却
3.消炎鎮痛作用のある外用薬(湿布、軟膏等)、ステロイド外用薬の使用

 

参考資料
1)葛西英子:日本看護技術学会誌 2014;13(3):230-6.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnas/13/3/13_230/_pdf/-char/ja
2)診断と治療 1999;87(増刊号):289.

遮光保存するのはなぜですか?

曝光によりリボフラビンリン酸エステルナトリウムが分解し不溶性異物が発生するため、遮光保存をお願いします。

点滴中の遮光は必要か?

希釈後の光に対する安定性のデータはありませんが、調製当日、点滴中の曝光によるリボフラビンリン酸エステルナトリウムの分解の程度は低く、遮光は必要無いと考えられます。

投与速度を半分にすれば、濃度を倍にしても良いですか?

投与速度を半分にして体内に入る量を調整しても、濃度を倍にすることはお勧めできません。
用法・用量に準じて0.3W/V%(カリウムとして40mEq/L)として1分間8mLを越えない速度で投与します。
なお、濃度が40mEq/L以上になると血管痛1)の報告があります。

参考文献

1)木村 里緒、他:腎と透析 2004;56(4):542-5.【M0500130】