感染対策NEWS:感染予防と消毒薬に関する最新ニュース

記事内容は会員制ポータルサイト「D-mae」にてご覧頂けます。
D-maeはこちらから
なお、現在公開している記事につきましては、2017年3月末までご覧いただけます。

おすすめサポートツール
看護師特定行為制度 -感 染 症 管 理-
「①特定行為に係る看護師の研修制度②看護師特定行為研修を修了して」
①神戸女子大学 健康福祉学部 教授/看護学研究科開設準備室
(前 公益社団法人日本看護協会 常任理事)
洪 愛子
②社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部 福井県済生会病院
感染対策室 感染管理看護師
細田 清美
感染予防-最新のエビデンスを知ろう-
「カテーテル由来血流感染症(CRBSI)対策 part2 -CRBSI 予防の手段とその周辺のエビデンス-」
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 集中治療科
安田 英人
消毒学 No.3
「なぜその消毒剤を選択するのか」
宇部フロンティア大学
人間健康学部看護学科 教授
尾家 重治
災害時の感染対策 -その時、何が必要か?-
「熊本地震を経験して」
医療法人 創起会 くまもと森都総合病院
感染管理認定看護師
満井 美奈子
TOPICS
「嘔吐物処理の感染管理ベストプラクティス手順書 ノロウイルスアウトブレイクを経験して」
北海道優仁会 滝川中央病院 
感染防止対策員会副委員長
医療安全管理者認定指導教員 
寺﨑 幸子

編集後記

今月の表紙は“Study”。
「習うは一生」という言葉がありますが、日々それぞれの営みの中でいろいろなことを事前と学んだり、他者から教えられたり、あるいは一念発起して勉強をしたりで過ごしているかと思います。「習う」「学ぶ」には終わりのないものです。
さて、今号から3回連載で、「看護師特定行為制度-感 染 症 管 理-」について掲載したいと考えておりますが、第1弾として、「特定行為に係る看護師の研修制度」と題して、特定行為研修の全体像と、「看護師特定行為研修を修了して」として実際に修了された方の経験やご施設での活かされ方等ご紹介いただきました。勉強されて看護師になられ、研鑽を積まれ認定看護師、さらに特定行為研修を積まれて特定看護師。日々の業務ある中での学習には頭の下がる思いがします。
「感染予防-最新のエビデンスを知ろう‐カテーテル由来血流感染症(CRBSI)対策 part2 -CRBSI 予防の手段とその周辺のエビデンス-」では、前号での内容を受けて、CRBSI対策の実際についてエビデンスを踏まえご紹介いただきました。
「消毒学」の連載は、第3回となります。今回は、「なぜその消毒剤を選択するのか」についてわかりやすく解説いただいています。各消毒にも適材適所がありますので、選択の際にはなぜその消毒剤を選ぶのかを考えることが大事です。
「災害時の感染対策-その時、何が必要か?-」は、今号より不定期で掲載する予定ですが、今回は熊本地震をご経験されたご施設での、いざ災害が発生した際の感染対策としての備えについてご紹介いただいています。
「TOPICS」では、特殊な環境に置かれている精神科病院でのノロウイルス・アウトブレイクを経験されたご施設での体験を踏まえた、イラスト手順書を活用した感染対策についてご紹介いただいています。
読者の皆さんの学びのきっかけになれば幸いです。

医療関係者の方へ

このウエブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、
看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

 *このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

医療関係者ではない方
  • コーポレートサイトトップへ
  • 麻酔・鎮静の情報
  • 消毒・感染症の情報
  • 製品情報(一般の方向け)
医療関係者の方
  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • その他医療機関関係者
  • その他
医療関係者で会員登録をご希望の方
  • 新規会員登録
  • 会員登録のご案内