丸石製薬株式会社

ホーム 企業としての取り組み CSRへの取り組みについて

当社は、「堅実経営を旨とし、医薬品等の研究・開発・生産・販売を通じて、医療の発展に寄与し、健康と福祉に貢献する」を経営理念に掲げており、この理念の実現そのものが企業としての社会的責任を果たすことになると考えています。
また、企業行動憲章を基盤として、経営理念、経営ビジョン、経営方針のもとで事業活動を展開し、CSRに取り組んでいます。

CSR方針 : 事業活動を行う上で関わるステークホルダーの皆さまの信頼に応える

  • 丸石製薬は事業活動において6つのステークホルダーとかかわりを結んでいます。それぞれに対して丸石製薬がどのようにかかわっているかは次のセクションでご説明いたします。
  • 地球環境への配慮と事業活動による健康・福祉への貢献、そして社会との共生・信頼の獲得を、丸石製薬の果たすべきこととして考えています。

ステークホルダーの皆さまとのかかわり

患者さん アンメットメディカルニーズを満たすソリューションを提供し、QOL(quality of life)の改善を追及します。
医療関係者 高品質な製品を安定的に供給します。
社員・家族 事業の発展と共に社員の幸せと成長を追求し、ワークライフバランスを重視した働きやすい環境を提供します。
地域社会 社会の一員として環境に配慮した事業活動を行い、また予防医療の実現に向けた活動を行います。
取引先 事業活動を行う重要なパートナーと定義し、相互信頼の精神に基づいた公正な取引を行います。
株主 健全で透明性のある経営を行います。