JavaScript対応ブラウザで表示してください。
ノロウイルス-概要と感染対策-


ノロウイルス

 ノロウイルスはウイルス性胃腸炎の原因として代表的な小型球形ウイルス(SRSV)に属するノーウォーク様ウイルスが2002年に国際ウイルス学会で新しく命名されたものです。ノロウイルスは、カリシウイルス科、ノロウイルス属に分類されている直径約30nmのエンベロープを持たないRNA ウイルスです。
ノロウイルスの伝播力・感染力は非常に強く、わずかな摂取(10〜100個程度)で感染します。患者の嘔吐物や糞便中には大量のウイルスが含まれていますので注意が必要です(吐物中には1g中105〜106個、糞便中には106〜1010個程度)。また、乾燥にも非常に強く、二次感染の原因になります。


感染・症状・治療

 ノロウイルス感染による感染性胃腸炎や食中毒は年間を通して報告されていますが、特に冬季に多発・流行する傾向が全国的に見られます。
潜伏期間は1〜2日で、主症状は嘔気、嘔吐、下痢です。発熱は軽度で、腹痛、頭痛、悪寒、筋痛、咽頭痛、倦怠感などが伴うことがありますが、症状は全般的に軽く、通常、2、3日で軽快します。しかし、老人や幼児、病弱な人では嘔吐・下痢による脱水や窒息、誤嚥性肺炎などにより死亡例も見られ、注意が必要です。
ウイルス性胃腸炎集団発生の最も重要な病原因子であり、小児から成人までの全年齢層に感染し、小児には散発性の急性胃腸炎(主に嘔吐)を、年長児から成人に集団食中毒(主に下痢)を起します。
現在、このウイルスに効果のある抗ウイルス剤やワクチンはありません。通常、対症療法を行いますが、最も重要なことは経口や点滴等による水分補給により、脱水症状を防ぐことです。


感染経路

 基本的には経口による感染が主ですが、食中毒事例のうち、約7割は原因食品が特定できていないようです。感染力が強く、乾燥に強いため、接触や飛沫、空気感染による二次感染も容易に起こるといわれています。
 症状が消失した患者がその後1週間程度、長い場合は1ヵ月にわたって便中にウイルスが排泄されることが知られており、二次感染に注意が必要です。


経口感染
・生や十分に加熱していないウイルスに汚染された食品(カキなどの二枚貝が代表的原因食品)
・調理した人の手指や調理器具を介して汚染された非加熱食品(サラダ、サンドイッチなど)
・汚染された水や氷による(液体が汚染されると集団感染は大規模になりやすい)

接触感染(接触した手指を介し口から入る場合)
・感染した人の便や吐物に触れた手指を介する
・感染した人の手指や感染した人が触れた衣服、器具等への接触による

飛沫感染
・患者の便や吐物が飛び散り、その飛沫を吸い込む
・便や吐物を不用意に始末したときに発生した飛沫を吸い込む

空気感染
・患者の便や吐物の処理が不十分なため、それらが乾燥して飛沫よりもさらに細かい粒子となって空気中を漂い、経口感染する

消毒剤感受性

加熱(消毒対象物が85℃1分以上になる条件)が有効とされています。

消毒剤では次亜塩素酸ナトリウムが有効であり、エタノールや逆性石鹸はあまり効果がないとされています。しかし、エタノール製剤については添加物の違いにより効果に様々な報告があります。次亜塩素酸ナトリウムについても有機物(血液、体液、食物残渣)の存在により速やかに濃度や効果が低下するなど、注意が必要になります。

ノロウイルスの消毒効果については、ヒトノロウイルスの消毒効果は技術的に確立していないため、代替ウイルスによる不活化効果をもとに判定されています。代替ウイルスに対する消毒薬の効果は次の通りです。

 

報告例:1 各種消毒剤のネコカリシウイルス不活化効果(接触時間1分)3)

消毒剤 濃度 Log減少値
グルタルアルデヒド 0.5% 5
次亜塩素酸ナトリウム 0.5%
0.1%
0.05%
0.025%
0.01%
5
2.5〜5
1.5〜2.75
0.75〜2.75
1.75
エタノール 75v/v% 1.25

報告例:2 次亜塩素酸ナトリウムのネコカリシウイルス不活化効果4)

次亜塩素酸
ナトリウム濃度
Log減少値
清浄条件 汚濁条件
(3% 緬羊血球添加)
30秒 1分 5分 30秒 1分 5分
200ppm(0.02%) >4.00 >4.00 >4.00 0.17 0.83 1.00
500ppm(0.05%) >4.00 >4.00 >4.00 >4.00 >4.00 >4.00
1000ppm(0.1%) >4.00 >4.00 >4.00 >4.00 >4.00 >4.00

報告例:3-1 エタノール製剤のネコカリシウイルス不活化効果5)

報告例:3-2 エタノール製剤のマウスノロウイルス不活化効果5),6)

Log減少値:0はウイルス量の減少が認められず、1は90%、2は99%の不活性化を示します。


関連する弊社製品
グルタルアルデヒド ステリハイド®2W/V%液ステリハイド®20W/V%液
ステリハイド®L2W/V%液ステリハイド®L20W/V%液
ステリスコープ®3W/V%液
次亜塩素酸ナトリウム ミルクポン®
エタノール含有製剤 ウエルセプト®ウエルフォーム®ウエルパス®手指消毒液0.2%
消毒用エタノール「マルイシ」
マスキン®R・エタノール液(0.5W/V%)
マスキン®W・エタノール液(0.5W/V%)
消毒用エタプロコール®
その他 ウエルセプト®環境除菌用

感染対策

 ノロウイルスの感染経路は、汚染食品を介した経路と感染者からの二次感染に大別されます。
食品を介した感染を防ぐには、ウイルスで汚染された食品の調理は加熱を十分に行うことが効果的です。また、調理器具の熱湯消毒・塩素消毒、手洗いや手袋の使用などが重要です。
人から人への感染予防としては、手洗いやうがいなどが重要とされています。標準予防策の徹底が最も重要で、その他接触予防策や飛沫予防策を実施し、状況に応じて適切な感染予防を行ってください。表にノロウイルスの感染防止対策について紹介します。

表.ノロウイルスの感染防止対策例
手 指
 石けんを用いた十分な手洗いが対策の中心になります。弊社手指洗浄消毒剤としてはグリンス®ネオグリンス®マスキン®スクラブ4%プレポダイン®スクラブ0.75%などがあります(洗浄効果を期待する)。
 エタノールのみではあまり効果がないとされていますが、手洗い後、アルコール擦式手指消毒剤(ウエルセプト®など)を使用することにより追加効果が期待できます。
 CDCガイドラインでは、ネコカリシウイルスかマウスノロウイルスのどちらか一方の代替ウイルスだけに効果的な消毒剤よりも、両代替ウイルスに対して効果的な消毒剤の方が、ヒトノロウイルスに対して効果的である可能性を示しています7)
 また、手袋を使用することは感染対策として有効ですが、他患者や周囲の環境を汚染しないよう、適切に交換することが必要です。
食 物
 貝類、野菜など食品中のノロウイルスの失活温度と時間については、現時点においてこのウイルスを培養細胞で増やす手法が確立していないため、正確な数値はありませんが、同じようなウイルスから推定すると、食品の中心温度85℃〜90℃で90秒以上の加熱を行えば、感染性はなくなるとされています。
調理台
調理器具
 調理器具等は十分に洗浄した後、次亜塩素酸ナトリウム(ミルクポン®など)0.02%で消毒してください。また、まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等は熱湯(消毒対象物が85℃1分以上になる条件)での加熱が有効です。
嘔吐物
糞 便
 患者の吐物や糞便を処理するときには、使い捨てのマスクと手袋を着用し、汚物中のウイルスが飛び散らないように、静かに拭き取ってください。
床に付着した糞便や吐物は次亜塩素酸ナトリウム(ミルクポン®など)0.1%で拭き取ってください。
また、ノロウイルスは乾燥すると容易に空中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、吐物や糞便は乾燥させないことが感染防止に重要です。
リネン類
 ベッドマット、毛布、およびシーツなどのリネン類の消毒は、85℃1分間以上の熱水洗濯が適しています。ただし、熱水洗濯が行える洗濯機がない場合には、水洗後、次亜塩素酸ナトリウム(ミルクポン®など)0.02%の消毒が有効です。
環 境
 ドアノブなどの環境を介した感染も考えられ、トイレ・風呂などを衛生的に保つことも求められます。消毒が必要な場合は次亜塩素酸ナトリウム(ミルクポン®など)0.02%などをご使用ください。ただし、次亜塩素酸ナトリウムは金属腐食性があり、その後水拭きして除去するなどの配慮が必要です。ドアノブ、便座、手すりなど、よく手の触れる部分(高頻度接触面)にはウエルセプト®環境除菌用などのエタノール含有製品もご使用いただけます。

次亜塩素酸ナトリウムの濃度につきましては、塩素濃度約200〜1000ppmが有効とされています。
なお、次亜塩素酸ナトリウムは、酸性の洗浄・漂白剤、シアヌール酸系の製品と混合すると塩素ガスが発生して危険ですので、注意してご使用ください。

汚物・吐物処理方法ムービー

監 修: 医療法人永広会法人本部QMC(SV)島田病院QMC医療安全管理室
院内感染管理責任者 感染管理認定看護師 森下 幸子先生

ノロウイルス関連リンク
<厚生労働省ホームページより>
 「ノロウイルス食中毒の予防に関するQ&A」:
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou
/dl/040204-1.pdf
<国立感染症研究所 感染症情報センター ホームページより>
 「ノロウイルス感染症」について:
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k04/k04_11/
k04_11.html
 「感染性胃腸炎」について:
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_11.html
 病原微生物検出情報(LASR)
http://www.nih.go.jp/niid/ja/iasr-noro.html
 病原微生物検出情報(IDWR)感染性胃腸炎
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kanja/weeklygraph/
  04gastro.html
<米国 CDCのホームページより>
 「ウイルス性胃腸炎 ノロウイルス」
http://www.cdc.gov/norovirus/index.html
<東京都福祉保健局公式ホームページより>
 「社会福祉施設等におけるノロウイルス対応標準マニュアル」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/
  shokuhin/noro/manual.html
「ノロウイルス感染予防の徹底を!」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/
noro/yobou.html
<東京都感染情報センター ホームページより>
「ノロウイルス対策緊急タスクフォース」
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/gastro/noro_task/
<横浜市衛生研究所 ホームページより>
「ノロウイルスによる感染性胃腸炎について」
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/eiken/idsc
/disease/srsv1.html
<広島市食品保健課 ホームページより>
「いろいろな食中毒 ノロウイルス」
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/
 0000000000000/1110796433402/index.html

参考資料
1) 厚生労働省 「ノロウイルスに関するQ&A」:
  http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren
/yobou/040204-1.html
2) 横浜市衛生研究所感染症・疫学情報課:
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/eiken/idsc
/disease/srsv1.html
3) 福山市保健所保健予防課のホームページより:
  http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/life
/detail.php?hdnKey=271
4) 丸石製薬株式会社社内資料
5) 丸石製薬株式会社社内資料
6) 丸石製薬株式会社社内資料
7) 最新ノロウイルスのアウトブレイクの管理と疾病予防のガイドライン:
MMWR / March 4, 2011/ 60(RR03);1-15、Updated Norovirus Outbreak Management and Disease Prevention Guidelines

ウエルセプト ウエルセプト