感染対策NEWS

:2018 No.1
(3 MB)
地域包括ケアと感染対策
「医療と地域をつなぐ感染対策活動① ~加算にとらわれない地域の感染対策活動から町民すべてに対して~」
JA北海道厚生連 倶知安厚生病院 看護管理室
感染管理認定看護師 看護管理副部長
佐藤 純司
消毒学 No.6「クロストリジウム・ディフィシルに対する消毒剤」
「クロストリジウム・ディフィシルに対する消毒剤」
宇部フロンティア大学
人間健康学部看護学科 教授
尾家 重治
WHO SSI防止ガイドライン -要 点 と 留 意 点-
「第1部(3) WHO SSI防止ガイドラインを日本で適用するには」
山形大学医学部附属病院
検査部 部長・病院教授
感染制御部 部長
森兼 啓太
わたしの病院の感染対策
「みんなが主役の感染対策」
市立室蘭総合病院 感染防止対策室
主査 感染管理認定看護師
荒木 大輔

編集後記

今月の表紙は“Hand Hygiene”。

インフルエンザ、ノロウイルスに注意が必要な時期が続いていますので、今号は前号の咳エチケットに続いて手指衛生頑張りましょう、ということで表紙は”Hand Hygiene”としました。
前号までも、「地域包括ケアと感染対策」についてご執筆いただいていましたが、今号からは、地域でのより具体的な取り組みについてご紹介いただくことにしております。今回は、第一弾として「医療と地域をつなぐ感染対策① ~加算にとらわれない地域の感染対策活動から町民すべてに対して~」と題して、JA北海道厚生連 倶知安厚生病院の佐藤純司様より、地域と医療機関のかかわりについてご紹介いただいています。
「消毒学」の連載は、第6回(最終回)となります。今回は、「クロストリジウム・ディフィシルに対する消毒剤」についてわかりやすく解説いただいています。消毒剤に対して抵抗性の高いことで知られている、クロストリジウム・ディフィシルに対する消毒剤の選択と適用上に注意点についてご紹介いただいています。
「WHO SSI防止ガイドライン-要点と留意点- 第1部(3)WHO SSIガイドラインを日本で適用するには」では、今号までに山形大の森兼先生にガイドラインの概要について解説いただきましたが、今号では実際に日本で適用する場合の注意点などについて解説いただいています。
まだまだ、インフルエンザ及びノロウイルス感染に警戒が必要な日々が続きますので、皆様ご自身の健康管理も怠りなく、お願いいたします。

医療関係者の方へ

このウエブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、
看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

 *このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

医療関係者ではない方
  • コーポレートサイトトップへ
  • 麻酔・鎮静の情報
  • 消毒・感染症の情報
  • 製品情報(一般の方向け)
医療関係者の方
  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • その他医療機関関係者
  • その他