感染対策NEWS:感染予防と消毒薬に関する最新ニュース

記事内容は会員制ポータルサイト「D-mae」にてご覧頂けます。
D-maeはこちらから

おすすめサポートツール
看護師特定行為制度 -感 染 症 管 理-
「①特定行為研修を受講するために②看護師特定行為研修を修了した感染管理認定看護師の活動の紹介」
①公益社団法人日本看護協会 神戸研修センター
 教育研修部 認定看護師教育課程
 特定行為研修担当 教員/認定看護師
 森下 幸子
②一般財団法人操風会 岡山旭東病院
 医療安全管理部 感染管理部門 看護次長
 菅田 節子
地域包括ケアと感染対策
「地域包括ケアシステムにおける感染対策の考え方」
沖縄県立中部病院 感染症内科・地域ケア科 医長
髙山 義浩
WHO SSI防止ガイドライン -要 点 と 留 意 点-
「第1部(2) WHO SSI防止ガイドラインの概要(続)」
山形大学医学部附属病院
検査部 部長・病院教授
感染制御部 部長
森兼 啓太
消毒学 No.5
「ノロウイルスに対する消毒剤」
宇部フロンティア大学
人間健康学部看護学科 教授
尾家 重治

編集後記

今月の表紙も“咳エチケット”。
めっきり寒くなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?通勤電車内でもゴホゴホしてる人も増えてきたように思います。風邪、インフルエンザのお裾分けは非常に迷惑なものですので、咳エチケットはきちんと身に着けたいものです。
さて、前々号から「看護師特定行為研修-感染症管理-」を連載してきましたが、いよいよ第3回目、最終回を迎えました。これまでの号では、①では制度面やカリキュラムについて、②ではすでに終了され、第一線に戻られて学ばれたことを活用されている認定看護師さんにその内容をご紹介していただきました。今回は最終回ということもあり、①の方では少し柔らかい内容で学習環境や周辺環境について面白くご紹介いただきました。
「地域包括ケアと感染対策 地域包括ケアシステムにおける感染対策の考え方」では、非常に精力的に地域包括ケアにおける感染対策に携わっていらっしゃる、沖縄県立中部病院の髙山先生に、いわゆる院内の感染対策と介護施設・在宅での感染対策の考え方の違いを踏まえた上での実用的な対応についてご紹介いただきました。
「WHO SSI防止ガイドライン-要点と留意点- 第1部(2)WHO SSIガイドラインの概要(続)」では、前号に引き続き、WHOのSSI防止ガイドラインのアウトラインに関して、山形大の森兼先生にご解説いただきました。
「消毒学」の連載は、第5回となります。今回は、「ノロウイルスに対する消毒剤」です。そろそろ流行期入りしますので、時宜をとらえた内容かと思います。再点検の意味を込めてお読みいただければ幸いです。

医療関係者の方へ

このウエブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、
看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

 *このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

医療関係者ではない方
  • コーポレートサイトトップへ
  • 麻酔・鎮静の情報
  • 消毒・感染症の情報
  • 製品情報(一般の方向け)
医療関係者の方
  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • その他医療機関関係者
  • その他
医療関係者で会員登録をご希望の方
  • 新規会員登録
  • 会員登録のご案内