感染対策NEWS

:2016 OCT No.5
サーベイランスを はじめよう
「No.4 サーベイランスの方法と手順」
山形大学医学部附属病院
検査部・感染制御部部長
病院教授
森兼 啓太
感染予防 ー最新のエビデンスを知ろうー
「尿路感染と感染対策」
札幌医科大学医学部感染制御・臨床検査医学講座
教授  
高橋 聡
手指衛生遵守向上と 多角的アプローチ
「No.5 適切なフィードバックで意識を保ち、 アウトブレイクを繰り返さない」
独立行政法人国立病院機構 横浜医療センター   
医療安全管理室 
感染管理認定看護師 副看護師長
深瀬 史江
わたしの病院の感染対策
「病院全体で取り組む感染対策 -安心安全な療養生活のために-」
北海道勤労者医療協会 勤医協中央病院
感染制御室 師長 感染管理認定看護師
木村 理恵

編集後記

表紙は“anytime, anywhere”。必要な時に、いつでもどこでも手指衛生できる環境が大切ですね。
今月より新しいコンテンツ「感染予防-最新のエビデンスを確認しよう」が始まりました。
“サーベイランスをはじめよう” 4回目は、中心ライン関連血流感染(CRBSI)を例にとって、サーベイランスの方法と手順について、“手指衛生遵守率と多角的アプローチ”で
は、「環境整備」などによる遵守率の向上と、「評価とフィードバック」によるモチベーションの維持について、わたしの病院の感染対策”では、正しいタイミングで手指衛生を行うための携帯用手指消毒剤の導入及び、携帯ポシェットの管理方法などもご紹介いただいています。

医療関係者の方へ

このウエブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、
看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

 *このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

医療関係者ではない方
  • コーポレートサイトトップへ
  • 麻酔・鎮静の情報
  • 消毒・感染症の情報
  • 製品情報(一般の方向け)
医療関係者の方
  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • その他医療機関関係者
  • その他